こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • ビットバンクCCって、評判はいいの?
  • ビットバンクCCは他の仮想通貨取引所と比べて、どんな良い点があるの?
  • ビットバンクCCは悪い噂もある?

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、ビットバンクCC(bitbank.cc)の登録前に知っておきたい特徴、気になる評判、他の仮想通貨取引所と比較して良い点などをまとめてみました。

★チェック⇒ビットバンクCC公式サイトへ

ビットバンクCCの特徴と取り扱い通貨の種類

投資中上級者に人気の仮想通貨取引所

ビットバンクCCの特徴-画像

出典:はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド(洋泉社MOOK)

ビットバンクCC(bitbank.cc)は、ビットフライヤーやビットコインほど知名度はありませんが、2017年9月にビットフライヤーやGMOコインとともに金融庁から仮想通貨交換業者として認可された仮想通貨取引所です。

100種類以上のテクニカル分析が使えるTrading Viewを採用していて、株式投資やFXなどを経験している投資中上級者の間でも人気があります。

「はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド」(洋泉社MOOK)では、テクニカル分析をしたい人向けの取引所として紹介されていました。

取り扱い通貨の種類

ビットバンクCCが取り扱う仮想通貨は2018年3月時点で以下の6種類です。

仮想通貨の種類 対応通貨
ビットコイン (BTC) JPY
リップル (XRP) JPY
ライトコイン (LTC) BTC
イーサリアム (ETH) BTC
モナーコイン (MONA) JPY・BTC
ビットコインキャッシュ (BCC) JPY・BTC

ビットコイン以外にも、注目されているイーサリアム、リップル、ライトコインなどのアルトコインも取り扱っています。

ただし、ライトコインとイーサリアムは日本円建てには対応していないため、ビットコイン建ての取り引きしかできません。

コールドウォレット&マルチシグ対応でセキュリティは万全?

2018年1月26日に発生したコインチェックのNEM不正流出事件は、オンライン上のホットウォレットに保管されていたこととマルチシグを採用していなかったことが原因だと言われています。

参考記事:コインチェックのNEMが盗難被害?お金は返金されるか現状わかることまとめ

ビットバンクCCでは、セキュリティ対策のために、顧客資産は全て、オンラインから隔離されたコールドウォレットに保管されているそうです。

また、仮想通貨の送金時に複数の署名を必要とするマルチシグに対応しています。

ただし、ビットバンクCCの公式サイトによると、ビットコイン、ライトコインなどはマルチシグ対応されている一方で、リップルは安全なマルチシグ対応が技術的に難しいため、2018年2月時点では未対応のようです。

参考記事:ビットバンクCCからリップルXRP出金方法!安全なウォレットで保管するために

ビットバンクCCに関する評判・悪い噂は?

ビットバンクCCに口座を作る前に利用者の評判を知りたいという方もいらっしゃると思います。

そこで、ビットバンクCCを実際に利用している方からの評判をチェックしてみました。

他の取引所と比較すると悪評は少なく、全般的に評価する声が多いように感じました。

特に目立つのは

  • 取り引きツールやテクニカルチャートが使いやすい
  • 日本円からリップルを買うのにおすすめ
  • 最大20倍のレバレッジで追証なしというのがスゴイ

というコメントです。

取り引きツールやテクニカルチャートが使いやすい

こちらは、取り引きツールの使いやすさについてのコメントです。

この方は他の仮想通貨取引所と比較しても、ビットバンクCCの取引ツールが一番便利に使えると感じているようですね。

頻繁に取引をする方にとっては、取り引きツールの使い勝手は重要ですよね。

トレンドライン、フィボナッチや、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表などのテクニカル分析ツールが充実しているので、テクニカル分析をしたい方には人気があるようです。

あらかじめ価格を設定しておくと、その価格に到達した際にサウンドでお知らせするアラート機能もあります。

追証なしでビットコインFXができる!

ビットバンクCCは追証(*)なしで、ビットコインFXができることでも人気があります。

などと絶賛する声もあります。

【用語解説】(*)追証とは?

レバレッジをかけたFXなどの取引をする際、証拠金と呼ばれる取引額に応じた一定の金額を口座に預けておく必要があります。

証拠金が下回った場合、追加で資金を投入する必要があり、その資金を追証(おいしょう)と呼びます。

「追証なし」というと聞こえがいいのですが、証拠金を下回ると容赦なくロスカットされてしまいます。

と警告する声もあります。

【用語解説】(*)ロスカットとは?

損失の拡大を未然に防ぐために、損益が一定レベルに達したときに、対象のポジションを強制決済することです。

自分の意志に反してロスカット(強制決済)されてしまうため、実際は大きく損をしてしまう場合もあります。

特に仮想通貨は変動が激しいので、レバレッジをきかせたFXは危険すぎて、個人的にはおすすめできません。

日本円からリップルを買うならオススメ

日本円からリップルを購入したい方におすすめという意見もあります。

この方の言うとおり、日本円からリップルを買うなら、手数料が安いビットバンクCCはおすすめです。

リップルはコインチェックやGMOでも購入できますが、コインチェックは2018年3月現在、取引停止状態ですし、GMOもスプレッドが広く、手数料が高くつくという不満の声が多いです。

参考記事:GMOコインの評判は?【登録画像解説】メリット&デメリット比較

実際にビットバンクCCの口座を開設した感想

口座開設手続きの手順

これから、ビットバンクCCで仮想通貨の取り引きを始めたい方もいらっしゃると思いますので、口座の開設方法をご紹介します。

まず、ビットバンクCCの公式サイトにアクセスして、[アカウントをお持ちではない方はこちら]をクリックします。

ビットバンクCCの公式サイトはこちら

ビットバンクCCアカウント作成-画像

メールアドレスを入力し、[登録]ボタンをクリックします。

ビットバンクCCメールアドレス登録画面-画像

こちらのような画面が表示されるので、ご自分のメールボックスを確認します。

ビットバンクCCメール確認画面-画像

「【bitbank.cc】新規口座開設を申し込み頂きありがとうございます」というタイトルのメールが届きますので、メールの中のURLをクリックします。

ビットバンクCC確認メール-画像

下記のような画面が表示されるので、パスワード入力とパスワード再入力欄に同じパスワードを入力します。

また、「利用規約」、「取引ルール」、「リスク事項」という緑の文字の部分をクリックして目を通してから、以下の3つにチェックをつけて、[登録]ボタンをクリックします。

  • 利用規約に同意します。
  • 取引ルールを理解し、利用することに同意します。
  • リスク事項を理解し、利用することに同意します。

ビットバンクCC新規登録画面-画像

基本情報入力画面が表示されるので、氏名、生年月日、住所などの個人情報を入力して、[次に進む]ボタンをクリックします。

ビットバンクCC基本情報入力画面-画像

下のような画面が表示されるので、取引の目的、職業、外国の重要な公人の情報を入力して、[確認]ボタンをクリックします。

ビットバンクCC利用目的入力画面-画像

下のような確認画面が表示されるので、間違いがないか確認して[登録]ボタンをクリックします。

ビットバンクCC基本情報確認画面-画像

下のような画面が表示されたら、基本情報の登録は完了です。

ビットバンクCC基本情報登録完了画面-画像

個人情報の登録と本人確認書類の提出手順

次に上の画面から[本人確認書類のアップロードに進む]ボタンをクリックして、ビットバンクCCを利用するために必要な本人確認書類の提出を行います。

本人確認書類のアップロード画面が表示されましたら、本人確認書類の種類を選択します。

ビットバンクCC本人確認書類アップロード画面-画像

免許証を選んで、免許証の画面の真ん中にカーソルを合わせると、+(プラス)のマークが表示されますので、そこをクリックして免許証の写真をアップロードします。

ビットバンクCC-免許アップロード画面-画像

免許証の表と裏の両面のアップロードが完了したら、[アップロードする]ボタンをクリックするとアップロードが完了です。

ビットバンクCC本人確認書類アップロード完了-画面

ビットバンクCCの口座開設の画面はとても親切でわかりやすいなと思いました。

★新規講座開設はこちら⇒ビットバンクCC公式サイトへ

ビットバンクCCの特徴・評判・口座開設方法まとめ

今回は、国内最大級の仮想取引所であるビットバンクCCの特徴、気になる悪評を含めた評判、他の仮想通貨取引所と比較して良い点、口座の開設方法、実際に登録してみた感想などをまとめてご紹介しました。

この記事のまとめ

  • ビットバンクCCは、2017年9月にビットフライヤーやGMOコインとともに金融庁から仮想通貨交換業者として登録された仮想通貨取引所
  • 「はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド」(洋泉社MOOK)では、テクニカル分析をしたい人向けの取引所として紹介されていた
  •  SNS上ではビットバンクCCについて「取り引きツールやテクニカルチャートが使いやすい」「追証なしでビットコインFXができるのがいい」「日本円からリップルを買うならオススメ」などのコメントがあった
  •  2018年3月時点で、ビットバンクCCで取り扱っている仮想通貨は6種類
  • ビットバンクCCの口座登録画面はとてもわかりやすかった

★新規講座開設はこちら⇒ビットバンクCC公式サイトへ

【参考URL】

仮想通貨交換業者登録一覧(金融庁公式サイト)