リスク(Lisk)-画像

こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • ビットフライヤーでリスク(LSK)を購入する方法は?
  • リスクって、将来性がある仮想通貨なの?
  • リスクは今後、他の仮想通貨取引所にも上場する?

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、国内最大級の仮想取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)に2018年1月末に上場されたばかりのリスクの特徴や将来性、ビットフライヤーで購入する方法、今後の上場予想などをまとめてみました。

★チェック⇒ビットフライヤー公式サイトへ

★ビットフライヤーの評判について⇒ビットフライヤーの評判は?登録前に知りたい悪い噂や良い点

ビットフライヤーに上場したリスク(LSK)の特徴や将来性

イーサリアムとの決定的な違いはサイドチェーンがあること

リスク(LSK)は、2016年にリリースされた比較的若いアルトコインで、イーサリアムと同様にスマートコントラクトの機能を備えた分散型アプリケーションプラットフォーム型の仮想通貨です。

イーサリアムとの決定的な違いは、メインチェーンとは別に無数のサイドチェーンを持つこと

このサイドチェーンを持つことで、メインチェーンにバグやトラブルが発生した時に復旧することが可能になります。

そのため、非常に優れた危機管理能力を持つアルトコインとして注目されています。

また、サイドチェーンはメインチェーンの情報も保有するため、ブロックチェーンを作るスピードも速いという特徴もあります。

ビットコインがブロックチェーンを1個作るのに約10分かかるところ、リスクは約10秒で作れてしまうそうです。

開発言語がJavascriptのため多くの開発者が参加可能

また、開発言語にJavascript(ジャバスクリプト)を採用していることも、リスクの大きな特徴です。

Javascriptは世界中の多くのエンジニアが使用しているメジャーなプログラミング言語なので、多くの優れた技術者達がリスクをベースとしたアプリケーションを開発できるのです。

それは、リスクが今後、加速度的に普及する可能性を秘めているということを意味するのではないでしょうか。

Microsoft社もリスクの将来性に期待を寄せて、約140,000BTCの投資をすることが発表されています。

2018年4月にはα版のSDK (開発用キット)がリリースされ、今後、世界中の技術者によるリスクをベースとしたアプリケーション開発が進んでいくと思われます。

★チェック⇒ビットフライヤー公式サイトへ

ビットフライヤーに上場したことで注目が集まる

ビットフライヤーがLISKの取り扱い開始-画像

出典:ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイト

日本では、2018年1月末に最大級の仮想取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)がリスクの取り扱い開始を発表したことで、注目を浴びました。

ビットフライヤーの加納社長が2018年1月5日にTwitterで

「1月中に新規アルトコインを導入します。(何かはお楽しみ)」

とコメントしたことが注目を浴び、Twitter上ではどのアルトコインが上場するのか予想するコメントが多数投稿されていました。

加納社長のコメントが注目を集めたのは、2017年10月にビットフライヤーがモナコインの取り扱いを開始したとき、モナコインの認知度が一気に上がり、3日でほぼ14倍に急騰したという出来事があったからです。

ビットフライヤーに上場が予想されるアルトコインとして、ネム(NEM)、リップル(XRP)などの名前も挙がっていました。

1月26日にコインチェックがNEM流出事件を公表する前にNEMの取り引き停止をTwitter上で案内した際には、

「ビットフライヤーの上場通貨がNEMに決まり、インサイダー取引を防止することが目的なのでは?」

という噂も流れていました。

参考記事:コインチェックのNEMが盗難被害?お金は返金されるか現状わかることまとめ

しかし、結局、2018年1月31日にビットフライヤーが新規取り扱いを発表したのはリスク(LSK)でした。

ビットフライヤーに上場した際には、モナコインほどの急激な値上がりを見せることはなかったものの一時的には約63%ほどの値上がりを記録しました。

ビットフライヤーは日本国内だけではなく、米国やEUに進出しているので、リスクの知名度や注目度は今後、一気に上がることが期待できるのではないでしょうか。

★チェック⇒ビットフライヤー公式サイトへ

ビットフライヤーでリスク(LSK)を購入する方法

リスクを安全に購入するならビットフライヤーがおすすめ

現在、日本国内の仮想通貨取引所で、リスクを扱っているのはコインチェックとビットフライヤーのみです。

コインチェックでは、2018年2月8日現在、取引ができない状態なので、国内の取引所でリスクを購入したい場合、ビットフライヤーが唯一の選択肢となります。

今後、コインチェックが取引を開始したとしても、やはり万全のセキュリティ対策を取っているビットフライヤーで購入することをおすすめします。

参考記事:ビットフライヤーはマルチシグ対応?GOX・ハッキングの危険性を調査

ビットフライヤーでのリスクの購入手順

1.ビットフライヤーにログインします。

*ビットフライヤーにまだ口座を開設していない場合は、まずはこちらの記事を参考に口座を開設してください。

参考記事:ビットフライヤーの評判・口座開設手順(図解付き)

2.画面左のメニューから「アルトコイン販売所」を選択し、「アルトコイン販売所」画面が表示されましたら「リスク」をクリックします。

ビットフライヤーでのリスク購入手順1-画面

3.購入したい金額(LSK)を入力して、日本円参考総額を確認した後、[コインを買う]ボタンをクリックします。

ビットフライヤーのリスク購入画面-画像

売買画面の下に表示されている「注文履歴」のステータス欄に「取引成立」と表示されていれば取引が成立されたことになります。

★チェック⇒ビットフライヤー公式サイトへ

将来的な値上がりの可能性は?

10倍以上に値上がりすると予想する声も

リスク(Lisk)-画像

出典:【完全ガイドシリーズ205】ビットコイン完全ガイド(晋遊舎)

2017年11月に晋遊舎から出版された「【完全ガイドシリーズ205】ビットコイン完全ガイド」では、リスクは有望アルトコインの第10位にランクインしていました。

ちなみに、第1位はイーサリアムです。

現時点では、イーサリアムよりも知名度も注目度も低いリスクですが、イーサリアムにはないサイドチェーンを備え、Javascriptを開発言語とするというアドバンテージもあります。

今後、流動性が増加することにより、イーサリアムを越える可能性も秘めているのではないでしょうか。

実際、リスクは近い将来10倍以上に値上がりすると予想する声もあるようです。

ICOのデファクトスタンダードとなる可能性も?

現在行われているICOは、主にイーサリアムのトークンの一つであるERC20を使用して行われています。

そのため、ICOに参加するには、イーサリアムが必要となっています。

参考記事:【ICO】レジャーナノSとマイイーサウォレット連携!ETHの送金方法

しかし、リスクはイーサリアムよりも簡単にICOを行える機能を持っています。

将来的には、リスクがイーサリアムに代わり、ICOのデファクトスタンダードになることも期待できるのではないでしょうか。

★チェック⇒ビットフライヤー公式サイトへ

リスクの今後の上場予想

今回、ビットフライヤーに上場したリスクですが、今後、他の仮想取引所でも上場する可能性はあるのでしょうか?

リスクは、イーサリアムをも凌ぐ優れた機能を持つ仮想通貨なので、国内大手の仮想取引所である、Zaif(ザイフ)、
ビットバンクCC、GMOコイン、DMM Bitcoinなどにも上場する可能性は十分にあると思います。

ちなみに、リスクはインドの暗号通貨取引所にも上場しています。

 

リスクの創始者であるMax Kordek(マックス・コーデック)氏によると、リスクにとって、2017年は2018年以降に大きく躍進するための準備の年だったとか。

2018年には既に多くのイベントの予定も発表されています。

2月20日にはリブランディング、4月にはLisk JSというJavascriptライブラリやLiskyというツールのリリース、
6月にはカスタムトークンのリリースが控えています。

今後のリスクの展開に目が離せませんね!

参考URL:LISKの今後の展開予定(英文)CRYPTOCURRENCY CALENDAR

ビットフライヤーに上場したリスク(LSK)の将来性・購入方法まとめ

今回は、国内最大級の仮想取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)に2018年1月末に上場されたばかりのリスクの特徴や将来性、ビットフライヤーで購入する方法、今後の値上がりの可能性や上場予想などをまとめてご紹介しました。

この記事のまとめ

  • リスク(LSK)は、2016年にリリースされた比較的若いアルトコインで、イーサリアムと同様にスマートコントラクトの機能を備えた分散型アプリケーションプラットフォーム型の仮想通貨
  •  イーサリアムとの決定的な違いは、メインチェーンとは別に無数のサイドチェーンを持つこと
  •  リスクはサイドチェーンを持つことにより、メインチェーンにバグやトラブルが発生した時に復旧することが可能なため、非常に優れた危機管理能力を持つアルトコインとして注目されている
  •  開発言語にJavascript(ジャバスクリプト)を採用していることもリスクの大きな特徴
  • Microsoft社もリスクの将来性に期待を寄せて、約140,000BTCの投資を発表
  •  2018年1月31日にビットフライヤーが新規取り扱いを発表したのはリスク(LSK)
  • 現在、日本国内の仮想通貨取引所で、リスクを扱っているのはコインチェックとビットフライヤーのみ
  • 国内の仮想通貨取引所でリスクを購入するなら、万全のセキュリティ対策を取っているビットフライヤーがおすすめ
  • リスクはイーサリアムよりも簡単にICOを行える機能を持つため、将来的にICOのプラットフォームになる可能性もある
  • リスクの創始者であるMax Kordek(マックス・コーデック)氏は2017年は今後の躍進のための準備期間であったとし、2018年にはリブランディング、開発者向けツールのリリースなど、多くのイベントの予定を発表している

★チェック⇒ビットフライヤー公式サイトへ

★ビットフライヤーの評判について⇒ビットフライヤーの評判は?登録前に知りたい悪い噂や良い点