GMOコインの特徴-画像

出典:はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド(洋泉社MOOK)

こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • GMOコインに口座を開こうかなと思っているけど評判はどう?
  • 実際にGMOコインを利用している人からスプレッドが広すぎて使えないと聞いたけど本当?
  • GMOコインは他の仮想通貨取引所と比べて、どんな特徴があるの?

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨販売所「GMOコイン」の特徴、気になる悪評を含めた評判、口座開設手順、実際に登録してみた感想などをまとめてみました。

★チェック⇒GMOコイン公式サイトへ

GMOコインの特徴は?

東証一部上場企業が運営する仮想通貨取引所

GMOコインの特徴-画像

出典:はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド(洋泉社MOOK)

GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社が運営する仮想通貨販売所です。

2016年10月11日に準備会社として設立されたGMO Wallet株式会社が名称変更し、2017年8月9日にGMOコインが誕生しました。

FXや株取引で有名なGMOクリック証券の運営で培ってきたノウハウを生かした見やすいチャートや使いやすいシステムが特徴です。

「はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド」(洋泉社MOOK)では、GMOコインの主な特徴として、

  • 即時入金が無料で相場急変時に対応しやすい
  • 買値と売値のスプレッドが固定されているので初心者でもわかりやすい

などという点が挙げられていました。

取り扱い通貨の種類は5種類

GMOコインの取り扱い通貨-画像

出典:GMOコイン公式サイト

GMOコインが取り扱う仮想通貨は2018年2月時点で以下の5種類です。

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • ライトコイン (LTC)
  • リップル (XRP)

GMOコインでは、仮想通貨FXもできますが、2018年2月時点では仮想通貨FXに対応しているのはビットコインのみです。

コールドウォレット&マルチシグ対応で万全のセキュリティ

仮想通貨交換業者

GMOコインは比較的新しいため「後発組」とも言われていますが、2017年9月27日にビットフライヤーやビットバンクCCと同じタイミングで金融庁から仮想通貨交換業者として認可されています。

GMOコインでは万全のセキュリティ対策を講じていて、公式サイトには、

当社では、即時送付に必要な分以外の仮想通貨は、インターネットから隔離された「コールドウォレット」にて保管しております。

引用元:GMOコイン公式サイト

と明記されていました。

また、仮想通貨の送金時に複数の署名を必要とするマルチシグにも対応し、秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に保管することでリスク低減を図っているそうです。

2018年1月26日に発生したコインチェックのNEM不正流出事件は、オンライン上のホットウォレットに保管されていたこととマルチシグを採用していなかったことが原因だと言われていますが、GMOコインは両方とも対応済なので、その点は安心ですね。

参考記事:コインチェックのNEMが盗難被害?お金は返金されるか現状わかることまとめ

★口座開設はこちらから⇒GMOコイン公式サイトへ

GMOコインに関する評判をチェック!悪い噂もある?

東証一部上場企業が運営していることや万全のセキュリティ対策でも安心感のあるGMOコインですが、実際に使用している方の評判も気になりますよね。

TwitterでGMOコインの評判をチェックしてみました。

スプレッドに関する不満の声も

GMOコイン利用者からは「スプレッドが広すぎる」という不満の声もありました。

こちらは、コインチェックのNEM流出事件当日の投稿です。

GMOコインのスプレッドは変動性となっていて、一般的なスプレッドの動きと同様に相場の変動が激しい時には広がる傾向があります。

コインチェックのNEM流出事件当日は、いきなりコインチェックで取引停止となるなど一時は騒然となったためボラティリティが高かったのだと思います。

それにしても、スプレッドが75,000円というのは異常ですよね。

スプレッドが改善したという声も

2018年1月30日には、GMOのスプレッドが改善されたという声もありました。

コインチェック事件からわずか4日後には、GMOコインのスプレッドは大幅に改善されたようですね。

相場のボラティリティと連動してスプレッドが変動するのはしかたないことかもしれませんが、実質的な取引手数料なので、できるだけ安い方がありがたいですよね。

仮想通貨FXのレバレッジに関する評判

GMOコインは最大25倍のレバレッジをかけた仮想通貨FXができることも魅力の一つでしたが、2018年1月31日から一律5倍に変更されました。

この変更に対しては賛否両論に分かれているようです。

という声もある一方で、

という声もあります。

個人的には仮想通貨はFXとは比較にならないくらいボラティリティが高いので、高いレバレッジをかける取引は危険すぎると感じています。

強制ロスカットを食らわないためにも、一律5倍で十分ではないでしょうか。

スマホアプリ「ビットレ君」も好評!

GMOコインでは、スマホで便利に取引ができる仮想通貨FXアプリ「ビットレ君」を提供しています。

直感的にわかりやすい操作性が特徴で、とても便利に使えます。

Twitter上にも

とか

など、「ビットレ君」を絶賛するコメントが投稿されていました。

という方も。

GMOコインのスマホアプリ-ビットレ君-画像

たしかにビットレ君のもぐらのようなキャラクターは癒し系でかわいいですよね!

★口座開設はこちらから⇒GMOコイン公式サイトへ

GMOコインの口座開設方法

口座開設手続きの手順

これから、GMOコインで仮想通貨の取り引きを始めたい方もいらっしゃると思いますので、口座の開設方法をご紹介します。

まず、GMOコインの公式サイトにアクセスして、[無料口座開設]ボタンをクリックします。

★チェック⇒GMOコイン公式サイトへ

GMOコイン公式サイト-画像

口座開設画面が表示されますので、ご自分のメールアドレスを入力して、「私はロボットではありません」にチェックを付けて、[無料口座開設]ボタンをクリックします。

GMOコイン口座開設画面1-画像

下のような確認画面が表示されますので、ご自分のメールボックスを確認します。

GMOコイン口座開設画面2-画像

自分のメールアドレス宛に「【GMOコイン】登録メールアドレスのご確認」というタイトルのメールが届くので、そのメールにの中のリンクをクリックします

パスワード設定画面が表示されますので、パスワード欄とパスワード(確認)欄の2か所に同じパスワードを入力して、[設定する]ボタンをクリックします。

GMOコインパスワード設定画面-画像

「パスワードの設定が完了しました」という画面が表示されますので、[ログイン画面へ]ボタンをクリックします。

GMOコインパスワード設定完了-画像

先程、登録したメールアドレスとパスワードを入力して[ログイン画面へ]ボタンをクリックすると、GMOコインのマイページにログインできます。

GMOコインログイン画面-画像

★口座開設はこちらから⇒GMOコイン公式サイトへ

個人情報の登録と本人確認書類の提出手順

次にGMOコインを利用するために必要な本人確認書類の提出を行います。

「口座開設手続きのご案内」という画面から[登録する]ボタンをクリックします。

GMOコイン本人認証画面-画像

以下のような画面が表示されますので、氏名、生年月日、住所などの個人情報を入力して、一番下の「同意する」にチェックをつけて、[確認画面へ]ボタンをクリックします。

GMOコイン個人情報入力画面-画像

GMOコイン個人情報登録-画像

確認画面が表示されますので、内容に誤りがないかを確認して、[確定]ボタンをクリックします。

GMOコイン個人情報登録確認-画像

GMOコインでは本人確認の方法として、

  1. 本人確認書類の画像をアップロード
  2. 受取時に対面で本人確認をする

のどちらかを選択することが可能です。

ここでは本人確認書類の画像をアップロードする方法を説明します。

[1.本人確認書類の画像をアップロード]ボタンをクリックします。

GMOコイン-本人確認書類アップロード-画像

運転免許証などの本人確認書類をアップロードします。

アップロードの際は、文字がはっきり読み取れるかを確認しましょう。

アップロードが完了すると、「口座開設申込が完了しました」という画面が表示されます。

後日、GMOから本人確認の封筒が郵送されてくるので、そこに記載されている口座開設コードを入力して[口座開設]ボタンをクリックすると、口座開設手続き完了となります。

★口座開設はこちらから⇒GMOコイン公式サイトへ

実際にGMOコインの口座を開設した感想

GMOコインの口座開設はとてもわかりやすくて、スムーズに完了しました。

ですが、自宅に本人確認の封筒が届くのは、ビットフライヤー、コインチェック、Zaif など他の取引所と比べて一番遅かったです。

私が口座を開設した2018年1月は、ビットコインのCMなどの放送も始まり、仮想通貨に興味を持つ方も激増していた頃だったので、申し込みが殺到していたのかもしれません。

実際にGMOコインを使用してみた感想は、とにかくシステムが使いやすいことと、サーバーが安定しているせいか画面の動きもスムーズなことです。

GMOコインの悪い噂・良い評判・口座開設方法まとめ

今回は、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨販売所「GMOコイン」の特徴、気になる悪評を含めた評判、口座開設手順、実際に登録してみた感想などをまとめてご紹介しました。

この記事のまとめ

  • GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社が運営する仮想通貨販売所
  •  GMOコインが取り扱う仮想通貨は2018年2月時点でビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの5種類
  • GMOコインは金融庁から仮想通貨交換業者として認可されている
  • GMOコイン利用者からは「スプレッドが広すぎる」という不満の声もあった
  •  GMOコインは最大25倍のレバレッジをかけた仮想通貨FXができることも魅力の一つだったが、2018年1月31日から一律5倍に変更された

★口座開設はこちらから⇒GMOコイン公式サイトへ

【参考URL】

仮想通貨交換業者登録一覧(金融庁公式サイト)

セキュリティ・顧客資産管理について(GMOコイン公式サイト)

レバレッジ設定に関する取引ルール変更のお知らせ(GMOコイン公式サイト)