こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • Zaif(ザイフ)ってどんな仮想通貨取引所なの?評判はいいの?
  • Zaifは他の仮想通貨取引所と比べて、どんな特徴があるの?
  • 実際にZaifを利用している人の感想を知りたい

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、剛力彩芽さんのCMがスタートして注目を浴びている仮想通貨取引所、Zaif(ザイフ)の登録前に知っておきたい特徴、気になる悪評を含めた評判、他の仮想通貨取引所と比較して良い点、口座開設方法などをまとめてみました。

★チェック⇒Zaif公式サイトへ

Zaifの特徴と取り扱い通貨の種類

剛力彩芽さんのCMでZaifの知名度は一気にアップ?

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーやビットコインほど知名度はありませんが、熱烈なファンも多いと言われる仮想通貨取引所です。

2016年2月には剛力彩芽さんが出演するテレビCM「ビットコインするならZaif ~ハピネス篇~」の放送がスタートしたので、一気に知名度が上がるのではないでしょうか。

現在は放送中止になっている出川哲朗さん出演のコインチェックのCMに続き、ローラさん出演のDMM BitcoinのCM、成海璃子さん出演のbitFlyerのCMなど、最近は仮想通貨取引所のCMが増えてきましたよね。

個人的には剛力彩芽さん出演のZaif(ザイフ)のCMが一番、好みです。

仮想通貨によってみんながハッピーになる夢や希望のある世界観が表現されていますし、なんといっても黒いドレス姿の剛力彩芽さんの笑顔がステキですよね!

仮想通貨取引により手数料がもらえることが最大の特徴

仮想通貨取引所Zaifの特徴-画像

出典:はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド(洋泉社MOOK)

Zaif(ザイフ)の一番の特徴は、仮想通貨取引により手数料がもらえることではないでしょうか?

「はじめてのビットコイン&仮想通貨投資完全ガイド」(洋泉社MOOK)のZaifの紹介記事にも、「取引すると手数料がもらえるのが最大の特徴」と記載されていました。

これを読んだとき、

「手数料が”もらえる”って聞いたことないけど、どういうこと?」

と思ってしまいましたが、Zaifでは取引手数料がマイナスに設定されているため、本当に手数料が”取られる”のではなく”もらえる”んです!

通常は取引をするたびに取られる手数料が逆にもらえるため、取引すればするほどお得になるというわけです。

ただし、手数料がもらえるのはビットコインと日本円の取引のみです。

Zaifの取り扱い通貨の種類

Zaifが取り扱う仮想通貨は2018年2月時点で以下の5種類です。

仮想通貨の種類 対応通貨
ビットコイン (BTC) JPY
ネム (XEM) JPY・BTC
イーサリアム (ETH) JPY・BTC
モナーコイン (MONA) JPY・BTC
ビットコインキャッシュ (BCH) JPY・BTC

ビットコイン以外にも、注目されているイーサリアム、ネム、モナーコインなどのアルトコインも取り扱っています。

Zaifのセキュリティ対策は?

Zaifは、2017年9月にビットフライヤー、ビットバンクCC、GMOコインなどと同じタイミングで金融庁から仮想通貨交換業者として認可されています。

また、セキュリティ対策室を設置して、既にマルチシグ対応されている通貨を含めたマルチシグ環境の強化やコールドウォレット優先化を実施していることを公式サイトで発表しています。

2018年1月26日に発生したコインチェックのNEM不正流出事件は、オンライン上のホットウォレットに保管されていたこととマルチシグを採用していなかったことが原因だと言われているので、Zaifのセキュリティ対策室ではその辺りを重点的に強化しているようですね。

参考記事:コインチェックのNEMが盗難被害?お金は返金されるか現状わかることまとめ

注目のCOMSAとは?

Zaifの運営元は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているテックビューロ株式会社です。

そのテックビューロ社が開発したICOプラットフォーム「COMSA」は日本国内だけではなく、海外からも注目を集めています。

テックビューロ 代表取締役でありNEM.io財団の理事も務める朝山貴生氏は

弊社は仮想通貨やトークンの取引所『Zaif』、発行するトークンの企業内勘定を扱うプライベート・ブロックチェーン『mijin』、これらが実利用で稼働しているからこそ信頼性あるICOプラットフォームとして提供できる『COMSA』の3つが揃っているからこそ、国内外から注目と信頼が寄せられるICOを実施できたと自負しております。これからもICO協議会と共に、日本を発信地としてこの分野の発展に貢献していきたいと考えています。

引用元:COMSA

とコメントしています。

「COMSA」について詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。

Zaifに関する評判・悪い噂もある?

Zaifに口座を作る前に利用者の評判を知りたいという方もいらっしゃると思います。

そこで、Zaifを実際に利用している方からの評判をTwitter上でチェックしてみました。

特に目立つのは

  • サーバーが落ちる頻度が高い
  • チャートが使いやすい
  • 手数料が安いのがいい

というコメントです。

サーバーの安定性に関する悪評・「ザイフ鯖落ち」という表現も!

Zaifに関する不満の中で一番多かったのが、サーバーが不安定で落ちる頻度が高いというものです。

Zaif利用者の間では、サーバーが落ちる頻度が高いせいか「ザイフ鯖落ち」という独自の用語が使われているようです。

サーバーが不安定だと、仮想通貨を買いたいタイミングで買えなかったり、急落時などに決済できなかったりするので、利用者にとっては大問題ですよね。

「ザイフ鯖落ち」という仮想通貨業界用語(?)が定着しないうちに、改善してほしいと思います。

チャートについての評価は高い

サーバーが不安定というクレームの声が多い一方で、チャートの見やすさについての評価は高いようでした。

などという投稿がありました。

Zaifでは、TradingViewというクラウドベースの新世代チャートアプリを導入していて、トレンドライン、フィボナッチ、MACD、RSI 、一目均衡表などのテクニカル分析ツールも充実しています。

頻繁にチャートをチェックしたり、テクニカル分析をしたりする方にはありがたい機能ではないでしょうか。

取引手数料の安さには定評あり!

Zaifは、取引手数料が安いことでは定評があります。

頻繁に取引を行う方にとっては、スプレッドの広さは大きな問題ですよね。

「スプレッドが広すぎる」という不満の声が多かったGMOコインなどと比べて、ザイフは良心的な仮想通貨取引所と言えるかもしれませんね。

参考記事:GMOコインの評判は?【登録画像解説】メリット&デメリット比較

★チェック⇒Zaif公式サイトへ

Zaifの口座開設方法

口座開設手続きの手順

これから、Zaifで仮想通貨の取り引きを始めたい方もいらっしゃると思いますので、口座の開設方法をご紹介します。

まず、Zaifの公式サイトにアクセスして、メールアドレスを入力し、[無料登録へ]ボタンをクリックします。

★こちらからアクセス⇒Zaif公式サイトへ

Zaif公式サイト-画像

「zaifメールアドレス確認」というタイトルのメールが届きますので、メールの中のURLをクリックします。

 

ユーザー登録画面が表示されますので、「利用規約」と「重要事項説明」という青い文字の部分をクリックして目を通してから、以下の2つにチェックを付けます。

  • 利用規約について同意します。
  • 重要事項説明について同意します。

「利用規約」と「重要事項説明」という青い文字の部分をクリックしないと、チェックが付けられないようになっていますので、注意しましょう。

その後、パスワード欄とパスワードの確認欄に同じパスワードを入力し、一番下の[同意して登録]ボタンをクリックします。

Zaif口座開設-ユーザー登録-画像

個人情報の登録と本人確認書類の提出手順

次にZaifを利用するために必要な本人確認書類の提出を行います。

まず、メールアドレスとパスワードを入力して、[ログイン]ボタンをクリックして、ログインします。

Zaif口座開設-ログイン-画像

ログイン後の画面には「本人確認が完了していません」と表示されています。

 

Zaif口座開設-本人確認の必要-画像

本人確認を行う前に基本情報の登録が必要なので、下記の「こちら」の部分をクリックします。

Zaif口座開設-ユーザー登録-画像

基本情報入力画面が表示されるので、氏名、生年月日、住所、電話番号などの個人情報を入力して、[変更]ボタンをクリックします。

Zaif口座開設-基本情報登録1-画像

Zaif口座開設-基本情報登録2-画像

次に「本人確認」を選択し、提出する本人確認書類を選択します。

Zaif口座開設-本人確認-画像

運転免許証のファイルを選択し、[ファイルをアップロード]ボタンをクリックします。

運転免許証を選択した場合、表面と裏面の両方を登録する必要があります。

Zaif口座開設-運転免許証裏面アップロード-画像

基本情報の入力と本人確認書類のアップロードが完了すると確認画面が表示されるので、[本人確認の申請をする]ボタンをクリックします。

Zaif口座開設-本人確認登録-画像

これで本人確認の申請は完了です。

2日後には「Zaif通知:本人確認が完了しました」というタイトルの下のようなメールが届きました。

Zaif口座開設完了メール-画像

そして、メールが届いた3日後には、郵便書留でハガキが送られてきました。

そのハガキに記載されていた本人確認コードを入力して、[本人確認コードを送信]ボタンをクリックします。

これで口座開設手続きは完了です。

★すぐに口座開設をする⇒Zaif公式サイトへ

実際にZaifの口座を開設した感想

Zaifの口座開設は手続きはスムーズにできましたが、コインチェックやGMOコインなどと比較するとややわかりづらい点もあったかなと思います。

また、コインチェックやビットフライヤーなどは、本人確認ハガキを受け取るだけでOKでしたが、Zaifの場合はハガキを受け取った後にハガキに記載されている本人確認コードを入力する必要があるので要注意です。

また、自宅に本人確認のハガキが届くのも、コインチェックやビットフライヤーより2日ほど遅かったです。

Zaifではペイジーという機能を利用すると、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行などに口座を持っている方はネット経由で24時間手軽に入金ができるのは便利だと思います。

また、個人的には仮想通貨投資は長期的な視野で行いたいので、ドル・コスト平均法で一定金額を積み立てるZaifコイン積立も魅力的だと感じています。

Zaifの悪い噂・良い評判・口座開設方法まとめ

今回は、Zaif(ザイフ)の特徴や評判、口座の開設方法、実際に登録してみた感想などをまとめてご紹介しました。

この記事のまとめ

  • Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーやビットコインほど知名度はないが、熱烈なファンも多いと言われる仮想通貨取引所
  • Zaif(ザイフ)の一番の特徴は、仮想通貨取引により手数料がもらえること
  • Zaifが取り扱う仮想通貨は2018年2月時点でビットコイン、ネム、イーサリアム、モナーコイン、ビットコインキャッシュの5種類
  •  SNS上には、Zaifの悪評や不満の声もあり、「サーバーが落ちる頻度が高い」というコメントが目立っていたが、「チャートが使いやすい」「手数料が安いのがいい」という声も多かった
  • Zaifは、2017年9月27日にビットフライヤー、ビットバンクCC、GMOコインなどと同じタイミングで金融庁から仮想通貨交換業者として認可されている

★すぐに口座開設をする⇒Zaif公式サイトへ

【参考URL】

仮想通貨交換業者登録一覧(金融庁公式サイト)

COMSA公式サイト

テックビューロ公式サイト